ほんくまくん
複方熊胆円
お父さんのお酒、お母さんの便秘 お兄ちゃん、お姉ちゃんの胃弱に
複方熊胆円
秘伝の手作り製法にこだわる

消化を2時間早め腸内を発酵状態にする
誰も加齢とともに消化・吸収・排泄の能力が落ちてきます。そうすると腸内環境が悪くなり腸内腐敗が起こりやすくなる。 複方熊胆円は食べた物の消化を2時間早めさらに吸収・代謝・排泄する機能を全て高めてくれます。つまり胃腸と肝臓の働きを高めてくれます。 そうすると腸内環境が改善され腸内を善玉菌が活躍する発酵状態になります。

 人を木に例えるなら
胃腸は人の体にとっての「根っこ」、 土壌がよく、根がしっかりしていると、木は良く育ちます。根=胃腸、土壌=腸内環境、ここを健康にする事が健康づくりの出発点といえるでしょう

100%天然の7つの生薬の配合、 特に本物の貴重で高価な「熊胆」を配合、昔ながらの手作り製法にこだわっているところが他にない特徴で、胃腸にも腸内環境にもやさしいのです。

過剰なストレスから身体を守る!
ストレスが溜まると消化力が落ち血液がドロドロになります。また吸収・代謝機能も衰え腸内腐敗が起こり免疫力が落ちる。
 複方熊胆円は身体をリラックスモードにし昼の消化力、夜の吸収力・代謝力をそれぞれ高め、からだの生体リズムを整えてくれる。
 夜寝るときに服んで眠るとその効果がわかりますリます
 
 
病は気から・病は胃腸から
「病は胃から」聞き違いではありません。かぜがひどい時、食事をいつものように摂ることが出来ますか?かぜの時、食事がいつもと同様に摂れ ないのには、理由があります。胃腸が弱っているのです。思い浮かべてみて下さい。
 また、肩こりのひどい時、胃腸の調子が悪くありませんか?
 どんなに綺麗な花も、肥えた土と水と日光がなければ花を咲かすことは出来ません。体も同様、どんなに良いビタミン剤を飲んでも、どんなに良 いカルシウム剤を摂っても、胃腸が元気でなければ、十分な栄養を摂り入れることは出来ないのです。熊胆は胃腸を元気にする胃腸薬です。胃腸 を強くして、病を素から防ぎましょう!

 
 どうして、熊胆は苦いの?
昔から「良薬口に苦し」というように、この苦味が決め手!苦味が、神経をリラックスさせ、肝臓へ流れ込む門脈を広げ、血流を良くし、肝臓機 能を向上させてくれるの。
 熊胆は、肝臓の体内の悪いコレステロールを捨ててくれる働きを助けたり、解毒作用もあるの。さらに胆汁の分泌を促進させてくれるから、コレ ステロール値も下げてくれるの。肝臓のごみを出すために、胆汁をたくさん出して、疲れを取って、生き生きしちゃおう!

  熊ちゃんチェック!あなたのお家は、何あぶら?
貴方のお家では、サラダ油を使っていませんか?口から入った油は、おなかに12時間も分解されずに溜まっています。油は乳化して初めて、水と 混ざり、消化することが出来ます。この時活躍するのが、胆汁です。胆汁は脂肪を消化・吸収する働きがあります。水毒は尿に、油毒は胆汁に、 多大な影響が出るのです。熊胆で、胆汁分泌を促進させ、コレステロール値を下げる、油とうまく付き合う食生活を心がけましょう!

 熊胆を飲むと、どうしてお通じが良いの?
熊胆は、胆のうから分泌される胆汁の分泌を促進してくれるの。このおかげで、腸の運動がスムーズになって、お腹が温かくなって、お通じがスムーズになるの よ。熊胆は、体に不要なものを排泄させて、体の中からキレイにしようと頑張っているの。100%天然だから安全だし、胃腸を若々しく保てるのよ。

 熊胆とビフィズス菌は仲良しって本当?
熊胆は、私達の腸、特に大腸に約100種類、100兆個もいる腸内細菌と大の仲良しなの。腸内細菌で有名なのが、ヨーグルトでおなじみのビ フィズス菌。熊胆の胆汁分泌促進効果が、腸にたまった油の消化を促し、腸の運動をスムーズにし、お腹が温まって、お通じもスムーズ!おなか をキレイにするため、一度お掃除をしてあげようよ!

 熊胆を飲むと、どうして唾液がでるの?
唾液が出ているとき、私達は風邪を引きません。言い換えれば、のどが渇くときは風邪を引きやすい時期とも言えます。唾液には殺菌効果があ ることは皆さんご存知だと思います。
 ・・・ケガした時、ツバつけて治したことあるでしょ?
 熊胆によって出る唾液は、胃液の分泌を促進させます。唾液の刺激によって胃液が分泌されるからです。胃の働きのひとつは、殺菌作用です。胃 液の分泌を促し、殺菌効果を高めることは、いうまでもまく、口から侵入したウイルス対策になります。

 熊胆は邪気に強いって本当なの?
漢方医学では、抵抗力(生気=免疫力)の低下した人に邪気(寒の邪や風の邪)が侵入すると考えています。だから、予防と治療には生気(せいき)、特に胃腸機 能を整えることを重視します。風邪(かぜ)は漢方用語の風の邪に由来しています。かぜの時、生姜湯を飲みますよね。生姜は胃腸機能を調整し身体を温める  薬用植物です。
 「気を高める薬」・「気を強くする薬」・「胃腸を強くする薬」が胃腸薬なのです。

熊胆円の効能
    油分の消化
        @(熊胆)A(牛胆
○胆汁の分泌を促し、肝臓の機能を高めてくれます。
○体内の悪いコレステロールを捨て体の疲れを取ります。
○二日酔い・悪酔いに効果があります。解毒作用もあります。
         
   胃腸を丈夫に
     B(アカメガシワ)
○抗潰瘍作用があります。十二指腸潰瘍にも。

      Cオウバク)
○苦味による健胃作用、腸内有害細菌の殺菌作用があります。

    D(チクセツニンジン)
○健胃作用のほか解熱作用や痰を取り除く作用があります
  排便を促す
    E(アロエ)
○苦味健胃薬で胃腸のバランスを整えます。
○慢性の便秘にも効果があります。
    F(ダイオウ)
○胆汁の分泌を良くし便通をよくします。
 腸内の抗菌作用もあります。
         
効能・効果
胃弱 食べ過ぎ 飲み過ぎ 胸やけ もたれ 胸つかえ
吐き気(むかつき、二日酔、悪酔のむかつき) 嘔吐
 整腸(便通を整える) 軟便 便秘 食欲不振
胃部・腹部膨満感